従業員5000千人以上の大企業の求人倍率がどのくらいなのか大学生は知っているのでしょうか

従業員5000千人以上の大企業の求人倍率がどのくらいなのか大学生は知っているのでしょうか。実は0.5倍を以下なのです。しかし、工学部、それも電気系はすさまじくいいのです。これは難関大学に限った話ではなく、ほとんど知られていないような理系の単科大学でもそこで学んだ学生には大企業は門戸を開いているのです。

つまり、初めから大企業に楽々就職しようと思ったのならばまずは数学を捨てて私立文系にターゲットを絞るのではなく、数学と英語だけを頑張って勉強して理系大学に合格できる学力をつける方がいいのです。

しかし、文系にしか進めないような学生というのは中学の頃、果ては小学校の頃から算数が苦手で今までだましだまし数学をやっていたので、大学受験では数学がなくても受験できる大学というのは砂漠のオアシスよりもありがたい存在なので、どうしても私立文系に進学したくなるようです。

しかし、私立文系に進んでも、その大半が零細、中小、大手に行って営業という過酷な道しか残されていません。脱毛ラボ vio