梅雨の季節がやってきます。また、カビ菌とのあくなき戦いの始まりです。

梅雨になると「カビ対策」で頭を悩ませます。

カビの繁殖原因は、温度と湿度と養分(たんぱく質など)に関係があり、梅雨はカビにとって、最も繁殖しやすい環境に当てはまります。

現在の住宅構造は、密閉度が優れていることから風通しが悪く、これも繁殖の手助けになっていると言えます。

カビ対策は、間違った方法で進めても何も効果は期待できませんし、カビが繁殖する場所を水周りと特定するのも間違いです。

確かに、水気の多い場所ではカビの繁殖力は絶大なものですが、壁や柱、家具や布団、畳や下駄箱などいたる所にカビは繁殖するのです。

また、安心している冷蔵庫内でもカビは発生し、低温で冷やされた湿度の空間を密閉しているもので、密閉されているだけでは冷気でカビは発生しません。

しかし、ドアの開け閉めにより冷気が逃げ、酸素が入り込むことでカビの発生条件が整ってしまうことになります。

カビ対策は、ひと言で“掃除”と“空気の循環”ということになりますが、気をつけなければいけない事は「カビ菌を見逃すな!」ということです。

目に見えない程小さなカビ菌ですが、少しの菌を見逃すことでその繁殖度は驚くほど早く広まります。

一度の掃除で全ての菌を取り除こうとせず、一箇所集中の心構えで取り組むことが大切です。

また、開けておける扉は開放し、出来る限り空気の循環を心がけてください。

カビとの戦いは始まったばかりです。

先手をうって、カビの侵略に打ち勝ちましょう。https://www.itolosa.co/tudo-barai/